本文へスキップ

戦略MG研修は、明日役立つ実践型の研修です。 - のぞみ総合経営 -

TEL. 0120-971-901

〒390-0875 長野県 松本市 城西 2−5−12

参加者の感想SERVICE&PRODUCTS

  • コストの管理の点で、売り上げに対する投下された費用とその利益率を今後は意識していきたい。
  • 月次決算を踏まえてどう意思決定していけばよいのか何となく見えたように思う。
  • 年度計画の現実的な計画が必要だとあらためて強く思った。
  • 変動単価、固定費の把握、P,V,Q,Fを意識して業務の管理をしていきたい。
  • 仕入れ・製造・販売のタイミングで何をいくらで製造し、販売できたかが理解でき、周囲の会社についても自社と比較し色々な戦略があることが理解できた。
  • 第1期での利益の出し方、勝ち方が確信が持てない部分があったが、3期目で最後に収支を出すための策が見えた。(ケーキ屋版)
  • 会社でも重要課題は損益分岐点経営の実践で、ヒト・モノ・カネを利益を残す中でバランスや効率性を今後考えて運営していきたい。
  • 損益分岐点経営を引き続き実施し、値引き抑制と販売粗利をバランスよく実施する必要性を再認識できました。
  • 経営は「経費削減」だけでなく、単価の設定・マーケティングなど様々な視点から考える必要があることが勉強になりました。
  • 楽しいゲームの中でも会計に関することや良質な経営には何が必要かなども考えることができ、経営者の目線というものを学ぶことができました。
  • コスト意識を全社的に高め、費用対効果を考えたうえでの物品購入や企画選定を行っていくのに大いに役立ちそうです。
  • 計画、戦略をたてることの大事さを再度認識しましたので、これからの業務に活かしていきます。
  • 売上高に注力した場合や、数量に注力した場合などの比較データを出していただいたことで、STRAC会計の良さが改めて理解できた。
  • 単価を下げる、値引きをすることがいかに利益をなくすかを常に意識して決して安売りしないようにしたい。
  • 固定費、変動費をざっくりと分け、マクロでとらえることは非常に参考になりました。売上数量ではなく粗利でお掛けられるような社風にしていきたいです。
  • 個性を生かすこと重要性、難しさを感じました。また目先の利益だけでなく粗利ベースで数字をとらえられるようにいたします。
  • 変動損益計算書の考え方と経営への活かし方を学ぶことができました。
  • モニタリングの重要性。予実管理を身をもって体験できました。

バナースペース

戦略MG研修 - のぞみ総合経営 -

〒390-0875
長野県 松本市 城西 2−5−12

TEL 0120-971-901